輝く羽のブログ

脳梗塞リハビリ

脳梗塞を発症すると、脳の梗塞された部位の反対の手足が動きにくくなります。

歩く

 

 

 

 

 

あなたは、

つま先が引っ掛かりやすい/何もない平地でつまずく/歩くのが遅くなった/靴の片側がすり減る

どんな症状をお持ちですか?

早く歩けたらいいのに…リハビリしてもかわらない…と悩んでいませんか?

そして、歩く事は意識できるものではありません。

それは子供を見るとわかります。子供は1歳過ぎぐらいで、ふと歩き出しますよね。意識せずに続けてこれるこの運動には、ちゃんと理論があります。

そして、麻痺による影響を受ける足に対して装具を作成したりしてきました。『この装具を外したい』その思いを聞くことも多い過去の臨床生活でした。

今は、あなたを助ける技術と、あなたのためだけの【魔法のインソール】を届けられるようになりました。

脳梗塞後遺症でも変化するのです。あなたの可能性は、あなたのからだにある眠っています。可能性を引き出し一緒にもっと自由な未来へ進みましょう。

私はあきらめない施術を提供します。

ブログ筆者:西綾(保有資格:作業療法士/准看護師)
輝く羽は
鹿児島県鹿児島市の天文館にある山形屋近く、泉町にある整体です。脳梗塞後遺症などの施術、そしてあなたの歩きにくいなどの足の問題を改善するために、NWPL社のファンクショナオーソティックスというオーダーメイドのインソール(靴の中敷き)も作成しております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事