輝く羽のブログ

姿勢と腰痛と原因

あなたには、何かを抱えた時に腰が痛くなった経験はないですか?

 

わたしが長くいた医療の現場でも

患者さんを抱える事がより多い、看護や介護の現場の方々は

【腰痛】に悩んでいました。

 

前かがみの姿勢や、中腰で重たいものを持つ動作

それは、医療や介護以外の方にも多いですね。

 

・荷物を運ぶ運送業の方

・重く大きなものを扱う土木関係の方

・農作物を育てる農業の方

 

それらの動作は、地面に近いものを腰を支点にして持ち上げ

腰を後方に反りながら、重さとのバランスをとっています。

荷物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また腰が痛い方のおおくが、深く前かがみになる事が苦手です。

あなたもやってみてください。

・立った状態での前屈

・椅子に座り、お尻の方に重心を置きながら手を床へ伸ばしてください。

いかがですか?

 

そして、痛みが強くなってくると

ある一定の範囲以外の動きが困難になります。

前に曲げるのも、後ろに反る事もつらくなります。

 

座っていてもつらい…

横になっても、仰向けで寝ると腰が伸張されてつらい…

 

それはなぜか?

 

それは、あなたの日常の姿勢にも起因するのです。

 

人の脊柱という骨は、S字のカーブを描いています。

これは、体が受ける衝撃を緩衝する干渉する要素であります。

そして、下方のカーブが腰部になります。

 

重い荷物などを持つときに、支点とする場所になります。

その脊柱(背骨)は小さな骨の組み合わせなんです。

首(頸椎):7個

胸(胸椎):12個

腰(腰椎):5個

骨盤部分(仙骨):1個

お尻の部分(尾骨):2~3個  合計27~28個もあります。

 

あなたの体をこんな多くの骨が支柱の様に支えているのです。

 

上記は、その脊柱(背骨)の中を通る神経(黄色部分)になります

約27~28個の骨の間を神経は走行しています。

 

その神経は、運動や感覚を支配しています。

 

脊柱(背骨)の機能的なS字の湾曲は、常にその【姿勢】の方向に負荷をかけられていくと

その【湾曲は少しずつ崩れ】、その中を通る【神経】は圧迫されていきます。

それらにより

・脊柱管狭窄症

・滑り症

・椎間板ヘルニア

といった症状に移行していきます。

 

それにより、圧迫された神経が

運動の神経:力が入らない・張るような感じ・つるような感じ

感覚の神経:しびれ・痛み・感覚がない・ジンジンする

といった症状を引き起こしていくのです。

 

あなたの日常の姿勢は、筋肉の使い方を徐々に偏りのあるものにしているかもしれません。

腰をそる事で代償動作を続けていくと、前面の筋肉と後面の筋肉のバランスが崩れます。

その崩れで先に試していただいた動作の様に、立位で前方に手を伸ばすことが辛くなったりします。

 

前にかがむ動作も、反る動作も難しくなり

その【筋肉の偏り】が【痛み】を引き起こす最初の原因になる事もありますよ。

 

 

輝く羽ブログは?

https://hane.care/category/blog/

 

【お問い合わせ先は】?

TEL:050-5360-4310

メール:info@hane.care

 

鹿児島県鹿児島市にある 鹿児島の整体 脳梗塞のリハビリも施術可能

NWPL社のファンクショナオーソティックスはオーダーメイドインソール(靴の中敷き)販売

株式会社 輝く羽

ブログ筆者:西綾(保有資格:作業療法士/准看護師)

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事