輝く羽のブログ

手術後と腰痛の関連

『あなたは、過去に手術をされた経験がありますか?』

 

もし、あなたが

『はい』と答え、【腰痛】で悩んでいたら

 

もしかするとその腰痛の原因は、【手術】に起因するものかもしれません。

 

今の医療は発展し、

・小さな術創(傷口)やカテーテル・内視鏡での手術

・服薬などでの改善

・リハビリなどの徒手的な解決

など様々な方法がどんどん進化しており、決して【手術が悪いということではありません。】

 

では、なぜ?

【手術】と【腰痛】?

『どういった関係性があるの?』と、不思議に思う方もいるかもしれません。

 

勿論、手術のための安静であったりの要素もありますが

今回は、体の構造からの説明をします。

左の写真は、女性のおなかの中(内臓)の図になります。

右の写真では、その【腹膜】を青く線で引いています。

このようにおなかの中は、それぞれの臓器を【腹膜】が覆っています。

 

腹膜は、袋のように一枚の膜になります。

 

もし、あなたの手術が【胃】【腸】【子宮】など腹膜ないのものであれば、

腹膜を切ったり、穴をあけたりしています。

 

≪体験≫

ここで、『あなたの洋服の端を一か所引っ張ってみましょう。』

どうなりましたか?

服は、あなたの引っ張った方向へ【全体的に引っ張られていく】のです。

 

腹膜も、手術により損傷した部位は修復するために

【組織】が【厚く】【硬く】なります。

 

 

実は、私も腹部に手術の跡があります。

もちろん、手術は何の問題もなく終了しています。

 

しかし、その組織は他の部分とは違い

おなかの方に押したり、左右にずらすと【硬く筋のように】なっています。

それを、組織の癒着(くっついている)というのです。

 

 

上記の写真は、【腹部】と【太もも】の断面図です。

・骨は骨膜

・筋肉は筋膜

・神経や血管にも膜があります。

どの膜も実は前進つながっています。

そしてそれぞれが動きを阻害されずに、滑らかに滑走することが大切なのです。

 

硬く、【癒着した(くっついた)組織】はその【滑走を阻害】されます。

洋服のしわのように、その癒着はそのほかの組織や膜を引っ張ります。

 

腹膜の後方(背中側)は、腰椎です。

腰椎の動きを阻害する因子になったりと

 

あなたの気がつかないところで【問題】【体の不具合】が起こり

それがあなたの【痛み】・【腰痛】の原因になったりもするのです。

 

輝く羽ブログは?

https://hane.care/category/blog/

 

【お問い合わせ先は】?

TEL:050-5360-4310

メール:info@hane.care

 

鹿児島県鹿児島市にある 鹿児島の整体 脳梗塞のリハビリも施術可能

NWPL社のファンクショナオーソティックスはオーダーメイドインソール(靴の中敷き)販売

株式会社 輝く羽

ブログ筆者:西綾(保有資格:作業療法士/准看護師)

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事