輝く羽のブログ

耐えきれないほどきつい体や、体の不調

あなたは、体がきつくて重くて

立っている事さえ、時には座っている事さえきつい経験をしたことがありませんか?

 

あなたの体は常に外部の情報を収集しています。

そしてその情報などと脳に蓄積してきたデータとのやり取りを行います。

 

あなたの体がどの程度

その情報をキャッチでき、効率的に機能を使えているか

その確認はとても重要になります。

 

その機能が十分でなかったり

ある一部に偏っている事により

あなたの体の不調が現れている可能性があるのです。

 

あなたの体の情報をキャッチする役目として

①視覚(しかく)

②体性感覚(たいせいかんかく)

③平衡感覚(へいこうかんかく)

この3つが存在します。

 

これらはあなたの位置情報をキャッチし調整しています。

 

①視覚とは

目で見ている情報から、あなたの位置や物との距離などの情報をキャッチ

 

②体性感覚とは

触・圧・温冷・痛などの皮膚から入る感覚情報のキャッチと

手足などを動かくことにより入る位置情報の感覚情報のキャッチ

(肘が曲がっている、どこに手足があるなどを目でみなくてもわかる)

 

③平衡感覚とは

三半規管(さんはんきかん):重力に対して、頭の回転や傾きの感覚情報をキャッチ

耳石器(じせきき):加速の情報をキャッチ(電車の前後やエレベーターの上下方向への加速情報)

 

視覚情報を過剰に使う方は

「段差が怖いから」とよく下を見て歩いています。

目の動きも固定しやすく、視覚の柔軟性が低下します。

 

体性感覚は、柔らかい低反発のものやバランスボールに乗ると鈍くなります。

硬いものに座ると、その情報は強く入り込みます。

 

平衡感覚の三半規管は、頭を右に傾けていると左は働かなくなります。

ベッドなどの寝たきりの方は

頭を傾けたり、動く事をしないので加速度が入らずこの機能が特に低下します。

 

あなたの体には

この3つの機能がバランスよく働くことが必要なのです。

 

どうですか?

■下ばかり見ている

■目を動かすと体調が悪くなる

■頭がどちらかに傾いている(くせなど)

■どちらかの方向ばかり見ている事が多い(テレビなど)

■柔らかいソファーやベッドにいる

■動く事が少なく、じっとしている

あなたには、こんな日常がありませんか?

 

こんな事で?

と思う人もいるかもしれませんが。

体や人の機能はとても繊細なのです。

 

ああたの耐えられないほどの体のきつさや

耐えられない、しんどい体調の悪さはこの基盤にあるかもしれません。

 

まずは、あなたの体の機能を

しっかりみてみましょうね。

 

 

【過去のブログは】?

https://hane.care/category/blog/

 

【お問い合わせ先は】?

TEL:050-5360-4310

メール:info@hane.care

 

鹿児島県鹿児島市天文館にある 鹿児島の整体 脳梗塞のリハビリも施術可能

NWPL社のファンクショナオーソティックスはオーダーメイドインソール(靴の中敷き)を販売 

株式会社 輝く羽

ブログ筆者:西綾(保有資格:作業療法士/准看護師)

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。