輝く羽のブログ

健康と食事

あなたは、健康のために食生活をどのように気を付けていますか?

 

現代社会はお金があれば手軽にいつでも食べ物を得る事ができる環境です。そんな世の中で、あなたは口にするものにどれだけ気をつかっていますか?

 

体の中には無数の細胞が存在します。その細胞は生まれ変わりを繰り返しています。人の体は約3か月~4ヶ月で入れ替わるともいわれています。つまり、あなたが約4ヶ月前に食べたものであなたが出来上がっているのです。体重の変動や体質も同じです。

 

 

 

 

 

体を変えるには4ヶ月かけながら調整していくことが必要になります。そして、それを習慣化させるにも3か月以上継続させなくてはいけないという見解もあります。モデルさんや女優さんは美を追求し、体を維持するためにルーティーンとしてらっしゃる方もいますよね。

 

日本は食に対する規制が世界からみても緩く感じすが、徐々にその表記の基準も変化しつつあります。昔は普通に給食にでていたマーガリンも今では、学校給食には存在しなくなりました。しかし、スーパーなどには溢れています。様々な矛盾が世の中にはありますよね。

 

内科の医師と食事に関してお話をする事があります。食欲が低下して点滴を希望される人がいらっしゃるが、カロリーとしては多くはないのだと話されます。やはり食事で、体の中を動かしエネルギーを摂取していくことは人間の機能として大切だと話されます。(*ただし状況に応じる)

 

クライアントに栄養のアドバイスをすることもあります。

脳梗塞などの脳血管疾患・呼吸器疾患・心疾患など呼吸機能が低下している方は、食事の時間に疲労感を示す方が多いのです。酸素をうまく体に取り込めない状況で、食事の際の呼吸の調整は想像以上に大変な作業にもなります。食事の量を半分にしたり高カロリーに調整する必要がある場合があります。(*医師や栄養士との相談も重要です)

 

持留製油

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった場合にMTCオイルを進めることがあります。中鎖脂肪酸といって、一般的なオイルとは違います。

持留製油サイト引用➡http://mct-oil.jp/

糖に変わる第二の動力源としての MCT(中鎖脂肪酸)

MCT オイル(中鎖脂肪酸)は一般的な油と違い、消化酵素の力を使わずに一般油の約4倍の効率で消化され、肝臓でエネルギーに変化します(代謝)。そして素早く体や頭脳を働かせる動力源として体内で活躍する栄養成分なのです。消化吸収に優れ、良質なエネルギー補給が手軽にできるため、医療現場では高齢者や低体重の赤ちゃん、手術後の栄養補給などに使われ、人の役に立ってきました。

研究で広がる MCT( 中鎖脂肪酸 ) の可能性

最近では高齢者の考える力を補うエネルギー源、運動能力へのアプローチに対しての研究が進んでおり、それぞれに期待が高まっています。がんばっている人にこそ食べてほしい、知れば知るほど奥の深い素材です。

エネルギーをどれだけ効率的に摂取できるかでも、あなたの生活は変化します。オイルは便通も変化させますので、トータル的に考えてもアドバイスしています。

 

その時々で、どんなものを摂取するのかや体に必要なものは何かを選ぶことは大切なことです。クライアントさんの体をトータル的に評価することも必要と考えています。インターネットの情報やブームにだけ惑わされずに、あなたに必要なものを見極めてくださいね。

 

【過去のブログは】?

https://hane.care/category/blog/

 

【お問い合わせ先は】?

TEL:050-5360-4310

メール:info@hane.care

 

鹿児島 整体 鹿児島県鹿児島市天文館にある 鹿児島の整体 脳梗塞のリハビリも施術可能

NWPL社のファンクショナオーソティックスはオーダーメイドインソール(靴の中敷き)を販売 

株式会社 輝く羽

ブログ筆者:西綾(保有資格:作業療法士/准看護師)

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。