輝く羽のブログ

三世代で愛用のインソール

『本人も心地良いみたいで、早く走れる!!と言っています』とのクライアントさんからのメッセージが届きました!クライアントさんは、母・娘・孫と三世代でインソールを愛用してくださっているご家族なんです。

この『早く走れる!』とは、幼稚園に通う息子さんの事です。そして、写真は娘さんとその息子さんのインソールです。

3世代でインソールを愛用するきっかけとなったのは、お母さんの作成したインソールの効果を説明させていただいている時でした。説明していると『これ、私も欲しい‼』との娘さんの一言に驚いた事を覚えています。娘さんは、過去に別のインソールを作成したこともあり、インソールについての知識はお持ちでした。

インソールは100円の物から十数万のものまで様々にあり、しかし足に関する知識はまだまだ広がりが少なく、認知度も高くありません。その中で、私のお話に共感いただけたことはとてもうれしい事でした。

輝く羽では、アメリカ足病医学に基ずくファンクショナルオーソティックスというインソールを販売しています。そのファンクショナルオーソティックスとは、足に特化した専門家が評価し個々の体の機能にあった状態のインソールを指します。(*わかりやすくするために、インソールというワードをつかわせていただいています)

このインソールは、アメリカの足病医が監修しており何よりの違いは、40を超える特許技術がある事です!!ゆえに、どのインソールメーカーもマネすることのできないインソールなのです!

『インソールで体がこんなに変わるのなら!!』とオーダーされたオーダーメイドのインソールを着用されてから、体の姿勢改善などを実感いただけています。

そして、骨は遺伝的な要素を持ちます。ですので、足の崩れやすいお母さんの遺伝的要素で、娘さんも似たタイプの足を示していました。そして、お孫さんはお父さんに似たタイプの股関節の硬さがあり、将来を見据えて足から入る感覚をいい状態にしてあげたいとのご意向がありました。

はじめは、子供はサイズが変わることもありオーダーメイドではないOTCという平均値をとって作成さているものを使用ました。しかし、股関節の動きなどを配慮するとオーダーメイドのインソールの方が良いだろうと作成にいたりました。

足の動きは、足首・膝を通して股関節にも影響しますし、頭蓋骨まで全身へと動きが連鎖して波及するのです。ですから、土台である足からの影響は大きいのです。

お孫さんは、たくさん走りまわる元気いっぱいでやんちゃな男の子です!その分刺激もたくさん入るので、インソールは彼のこれからの成長のためのアシストになります。

実は、子供が転びやすいや捻挫を繰り返すなども、足の構造の問題の場合もあるんですよ。

骨の崩れは幼少期にすでに始まり、年数をかけて全身に影響を及ぼします。現代人の足は崩れやすい足になっているとの統計もありますし、外反母趾や偏平足のお子さんも多くみかけます。子供の発達においても足はとても重要です!お子さんの足を、しっかりみてあげてくださいね。

ブログ筆者:西綾(保有資格:作業療法士/准看護師)
輝く羽は
鹿児島県鹿児島市の天文館にある山形屋近く、泉町にある整体です。脳梗塞後遺症などの施術、そしてあなたの歩きにくいなどの足の問題を改善するために、NWPL社のファンクショナオーソティックスというオーダーメイドのインソール(靴の中敷き)も作成しております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事