輝く羽のブログ

首の痛み

鹿児島の整体 輝く羽の西です。こんにちは!今回は首の問題に関してお話したいと思います。

クライアントさんの悩みとして『頭が重たい』『肩や首が痛い』といった相談を受けることが多いです。それだけではなく、輝く羽ではどのクライアントさんに対しても必ず首の状態は確認する必須項目でもあるぐらいに首は重要なポイントとしています。

あなたは『なぜ、首を確認するの?』と疑問に思われましたか?

頭の重さは、人の体重の10%と言われます。あなたの体重が50㎏であれば、頭は約5㎏という事になります。その重たい頭を、細い首で支えています。

頭蓋骨の下に連なる頸椎という、首の骨は7つあります。その7つの骨の組み合わせで、あなたの頭を支えかつ様々な動きを行っています。そして、頭蓋骨の中にある脳から、脊髄という神経の束に移行する場所も首から始まります。

首の骨折により、呼吸ができなくなったり、手足が動かなくなることもあるデリケートな神経の通り道になります。

骨の中を通る太い束は、脊髄といいます。黄色く線の様にあるのは、その脊髄から伸びた神経になります。神経は、あなたの筋肉の動きをコントロールしたり、感覚を伝達します。

この神経にトラブルが起こると、力が入らなくなり脱力した感じになったり、力が入りすぎて攣ってしまったり、痛みを感じてしまったり、触られる感覚が鈍くなったりします。

あなたも首の痛みや痺れがある場合には、整形外科に受診をされると思います。その際に骨のレントゲンなどの画像を目にしたりしますよね。一般的には、脊柱管狭窄症などの骨の圧迫により痛みがでる場合の症状は広く知られていると思います。

人間の動きとして、骨の位置はあなたの運動を規定します。そして、その骨の位置を保護して、調整しているのは腱や靭帯・筋肉などの結合組織といわれるものです。本来は滑らかな動きをすることにより、本来の骨の角度の動きを行う事ができます。

腱や靭帯・筋肉などの結合組織が滑らかに動かずに、硬くなっている状態では本来の動きができず、神経を引っ張たり、血管を圧迫する事により血流が低下するなどして、痛み・むくみ・だるさなどの症状をうみます。

骨だけではなく、その他の筋肉などの組織の状態も確認することはとても重要なのです。

首は脳からの最初の神経の通り道であり、首のトラブルがある場合には、全身的な不調や精神的な問題にも影響しやすいです。

そして、デリケートな場所でもあるので強いストレッチや骨を鳴らすといった行為はお勧めしません。本来の骨の動きが取り戻せるように、組織の動きを滑らかにして神経や血管の圧迫も起こさないようにケアしてもらいましょうね!

 

ブログ筆者:西綾(保有資格:作業療法士/准看護師)
輝く羽は
鹿児島県鹿児島市の天文館にある山形屋近く、泉町にある整体です。脳梗塞後遺症などの施術、そしてあなたの歩きにくいなどの足の問題を改善するために、NWPL社のファンクショナオーソティックスというオーダーメイドのインソール(靴の中敷き)も作成しております。ブログは論文・医学書を参考に話していますが長年医療従事してきた個人の考えも一部含むこともあります。あなたの健康のための一つの要素として参考にしてください。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。