輝く羽のブログ

脳性麻痺のリハビリ

こんにちは。鹿児島の整体『輝く羽』です。

もし、あなたが歩く事をほとんど経験したことがない状態で、『山に登るぞ!』と決断する事ができますか?難しいのでは…と周囲から言われる中でも、挑戦したいという強い想いを抱く事ができますか?

脳性麻痺で車椅子生活の矢野さんは、『屋久島の白谷雲水狭を登る!』を目指して歩く事に挑戦しています。今では、次から次へと実現させてい夢を語ってくださいますよ!

今回はそんな矢野さんの動画15回目です!脳性麻痺に対するリハビリの施術を、施術の前後の歩きで変化を比べた動画になります。

矢野さんには、『やってみなくちゃ分からないでしょ!』というチャレンジ精神が強くあります。『できなかったら、工夫すればいい!時には手伝ってもらえばいい!出来たら、ラッキーでしょう!』そう淡々と話してくれます。このパワーや前向きさは、あなたにも多くの人々へも伝えたい部分でもあります。

矢野さんは、幼少期から車椅子での生活ですから、腰回りは小さく股関節周りの筋肉は硬くしっかりと伸ばすことができません。ですから、股関節を伸ばす感覚をしっかりと体に入れ込んでいます。少しずつですが、膝や股関節は伸びてきています。立つ動作を学習するにつれ、立った時に背筋を伸ばすことも自然とできてきました。

当たり前にあなたが行えている動作は、実は緻密な動きです。体に入ってきた刺激を繰り返しながら、脳が学習し筋肉などの組織が動き方を変えながら運動を織りなしています。

例えばあなたの生活のスタイルが、畳などの床面の生活から、椅子やベッドのみの生活で床にしゃがみ込むことをしなくなると、床からの立ち上がりなどが辛くなります。あなたの運動パターンも変化するのです。知らず知らずのうちに体は変化していて、気がつくとできなくなった動作があったりしませんか?そう!あなたの生活スタイルが体を作っているのです。その動きを変化させるために、しっかりと理論をもって体の動きを動きやすくしてあげる事が大切です。

矢野さんも車椅子だけの生活ですので、立つための要素・歩くための要素を施術を通して体に伝えて、変化を体験していっています。

そんな矢野さんの動きは動画で↓

脳梗塞や脳性麻痺のリハビリに関しては→https://hane.care/category/noukousoku/

 

ブログ筆者:西綾(医療の保有資格:作業療法士/准看護師)
実際の現場に15年以上携わっており多岐にわたる分野の経験しています。
輝く羽は
鹿児島県鹿児島市の天文館(山形屋近くの泉町)にある整体です。脳梗塞後遺症の方やスポーツのパフォーマンスを上げたい方などの施術はもちろん、あなたの歩きにくいなどの足の問題にお手伝いできるように、NWPL社のファンクショナオーソティックスというオーダーメイドのインソール(靴の中敷き)も作成しております。ブログは論文・医学書を参考に話していますが長年医療従事してきた個人の考えも一部含むこともあります。あなたの健康のための一つの要素として参考にしてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。