輝く羽のブログ

脳性麻痺の車椅子生活でも歩くへ挑む

鹿児島の整体輝く羽の西です。こんにちは!

車椅子生活であるけれど、『山に登りたい…』そんな思いに、あなたならどう言葉を投げかけますか?

脳性麻痺のクライアントさん矢野さんに、『山に登るための補助具として背中に背負ってもら道具があるらしいんです!』と言われたどり着いたのが、宮崎にある日高病院の日高四郎先生です。(日高先生については詳しくは→http://hidakaiin.jp/

半年ほど前に、車で鹿児島から数時間かけて宮崎まで日高先生が開発して【さちっこキャリー】を試しに行きました。

この時は、矢野さんの体が背負う人の背中に沿って緩むことができなかったり、股関節を開き背中にまたぐ事が出来ない状態でした。操作になれている日高先生も苦労するほどで、私が背負える状態でもありませんでした。しかし日高先生は『諦めないでね、何とかリハビリを西さんがんばってね!道具も改良したり使い方を工夫したらきっとできる!!』とそう強く後押ししてくださいました。

今回は、リハビリをする中で歩くための膝の伸びや股関節を開く動作も向上してきたので、半年ぶりにさちっこキャリーに挑戦してみることに。

何と、私が背中に背負う事が出来ました!!

まだまだ股関節が十分開いていないので、背負う人の負担がありますが、補助具も使いながら山に挑戦できる範囲が上がってきました!

歩きも、自然と前に足が出たり、膝のぶつかりが軽減してきています。立った時に、左の踵を地面に接地できなかった状況も今回は、しっかり踵がつく経験もできました。

沢山の人のサポートを受けながら、前に進んでいます!輝く羽でのリハビリも歩くに向けて、まだまだ全力で挑みます!

矢野さんのブログは→http://wheeling-high.com/

関連するブログは→https://hane.care/category/noukousoku/

 

ブログ筆者:西綾(医療の保有資格:作業療法士/准看護師)
実際の現場に15年以上携わっており多岐にわたる分野の経験しています。
輝く羽は
鹿児島県鹿児島市の天文館(山形屋近くの泉町)にある整体です。脳梗塞後遺症の方やスポーツのパフォーマンスを上げたい方などの施術はもちろん、あなたの歩きにくいなどの足の問題にお手伝いできるように、NWPL社のファンクショナオーソティックスというオーダーメイドのインソール(靴の中敷き)も作成しております。ブログは論文・医学書を参考に話していますが長年医療従事してきた個人の考えも一部含むこともあります。あなたの健康のための一つの要素として参考にしてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。