輝く羽のブログ

後遺症からの復帰

こんにちは、西綾(体の専門家*輝く羽)です!先日、とても素敵な体験をしました。
それは、温かい空気間とパワーに溢れ、心地のよいリズムに包まれた5月5日。

『森田孝一郎復活ライブ55歳両手ドラム復活記念ライブ』

2016年7月に突如、右の手足が動かなくなった…。脳出血で右麻痺になった。
あれから6年、55歳となり。5月5日という日を迎えた。

音楽の知識は、残念ながら乏しい私ですが、この日の感動に微力ながら携われたことに感動しています。

ジャズドラマー森田孝一郎さんと、輝く羽でのリハビリを開始して3年経過しています。
右手は、感覚がなく【視床痛】という痺れと痛みがあります。

あなたにも経験があるかもしれません。歯医者後の麻酔で口を上手く閉じれない。感覚がわからないといったこと。

感覚を脳で認識することで、私たちは運動の修正を行えます。しかし、その部位の障害により感覚はわずかには変化してきていますが、ジンジン・ボワーンといった曖昧な感覚だけがほとんどな状態です。

右手の大まかなブレが改善。歩き方が変化。本当に少しずつの変化です。一般的には、脳卒中の後遺症の改善は難しいと言われ、変化は乏しいとされます。それでも、必要な感覚や動きを入念にリハビリしています。

そして、『西さん!!全曲を両手でのドラムでライブをする!!』との決意

【ニュースの取り上げられて様子から】

本格的に両手ドラムに向けたリハビリのメニューへ。
頑張ると力む…。ここが痛い…。でも、動かすイメージをとにかく運動感覚に落とし込む。
ドラミングに必要だが、動いていなかった筋肉などの組織を緩めていく。

一緒にリハビリを積み重ねながら、恐怖心や痛みを共有。ライブへの不安と戦いながら過ごした。

たくさんの人が見守ってくれた。バンドのメンバーもみんな素敵でした。

ずっと一緒に歩いてきた奥様と一緒に受付しながら、その空気間に触れられたことは貴重な経験でした。

『まだ、終わりではなく始まり』と言われていましたが、本当に素晴らしかったでし、よく頑張ったと思います。

森田さんブログは→https://mojazz.air-nifty.com/molog/2022/05/post-2c275e.html?fbclid=IwAR0jm_qH8DOdBE3thGfy1Ug-2HY0xwSJEJDV8QG7_q7PiN8r5qU0tXJPmic

 

ブログ筆者:西綾(保有している医療資格:作業療法士/准看護師)
実際の現場に15年以上携わっており多岐にわたる分野の経験あり。
PS
何か相談や悩みがありましたら遠慮なくどうぞ
輝く羽へのLINE相談は→https://onl.tw/pbFHCU4
予約は→https://hane.care/reservation/
輝く羽は
鹿児島県鹿児島市の天文館(山形屋近くの泉町)にある整体です。脳梗塞後遺症の方やスポーツのパフォーマンスを上げたい方などの施術はもちろん、あなたの歩きにくいなどの足の問題にお手伝いできるように、NWPL社のファンクショナオーソティックスというオーダーメイドのインソール(靴の中敷き)も作成しております。ブログは論文・医学書を参考に話していますが長年医療従事してきた個人の考えも一部含むこともあります。あなたの健康のための一つの要素として参考にしていただけたらと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

おすすめ記事