輝く羽のブログ

歩くために

鹿児島の整体輝く羽の西です。こんにちは!

今回は3回目になります!『山に登りたい!』と夢にチャレンジしている脳性麻痺のクライアントさんの変化に関するお話です。30数年間のほとんどが車いす中心の生活です。目標のために、歩く事に共にチャレンジをさせていただいています。

用語の説明として:脳性麻痺とは、生まれた時から運動の発達が遅れたり麻痺の様な症状を示すため、歩くことができなかったり、手足をうまく使えなかったりと様々な状況がみられます。(詳しくは➡https://school.gifu-net.ed.jp/kibougaoka-sns/04%20center-kinou/shitaihuziyuu/02nouseimahi.pdf)

クライアントさんは車いすでの生活がベーズであり、歩く事はほとんどなく立ち上がりも日に多くても十数回程度です。立つ刺激が少ない事で、股関節や膝をしっかり伸ばす経験がありません。そのため、座る動作に適した筋肉の使い方をしています。それは、立つと股関節や膝が曲がってしまい、膝も内側に入るために歩くことを阻害します。

体をしっかり伸ばす事を経験していないので、ベッドに寝た姿勢もはじめはきつく腰が浮いた状態でした。

 

上の写真は、左がはじめて施術を受ける日で、右は今回の施術後になります。クッションの有り無しの差はありますが、現在は腰や骨盤周囲の動きが改善して、しっかりと体を伸ばす事ができるようになりました。足の重さで体が崩れることなく、自分で足をコントロールする感覚もしかりでてきています!

こちらの写真は、右が施術前と左が施術後になります。体の中央を起点として左右を同時に開くことが安定し、左の股関節を広げることが出来るようになってきました!

歩きの姿勢の変化は、是非下の動画をごらんください。

歩くのために、施術のたびに体は変化しているので、新しい感覚の学習の毎日になります。今までと違う不思議な感覚と、今までと同じようにやると体が違う事をするという大変な状態でもあります。

しかしクライアントさんは『大変なことでも、自分が選んだことだからとことん楽しんでやりたい!!』そう口にします。ポジティブに楽しく前に進む感覚を私も共に楽しみたいと思います!

過去のブログは下からどうぞ!

夢に向かう

麻痺でも歩きたい

 

ブログ筆者:西綾(保有資格:作業療法士/准看護師)
輝く羽は
鹿児島県鹿児島市の天文館にある山形屋近く、泉町にある整体です。脳梗塞後遺症などの施術、そしてあなたの歩きにくいなどの足の問題を改善するために、NWPL社のファンクショナオーソティックスというオーダーメイドのインソール(靴の中敷き)も作成しております。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。