輝く羽のブログ

脳性麻痺のリハビリと変化

鹿児島 整体の輝く羽です。こんにちは!

クライアントさんとの共通認識は『変化を楽しむ』『できない。しかたない。そんな答えはいらない』です。クライアントさんと共に歩む。共に考え悩み、壁を越えていくことが輝く羽の使命です。

『誰だって、いつだって変われる。』しかし、変わりたいという強い想いと、誰と共に変わるか。それはどの分野においても必須の事項です。

クライアントさんの強い想いがあるからこそ、輝く羽という場所は存在します。そして、クライアントさんのおかげで共に成長させていただけます。

さて、クライアントさんの脳性麻痺は生まれた時からの先天性の病気です。リハビリも出生してからすぐに受け始める子供もいます。発達の遅れを指摘されてリハビリを開始する人もいます。それぞれの過程は様々にあります。

成長と共に、筋肉や骨が変化していきますが、うまく使えない手足の筋肉は硬く、伸びたり縮んだりというしなやかな動きは十分に行えません。それゆえに動きの制限がでたり、骨の発達が不十分であったり骨が変形したりという二次的な要因もでてきます。

ほとんど多くの病気は、ある一定の期間を経過すると変化しにくいと言われます。それゆえ、リハビリも維持や悪化防止を目的としていることが多くあります。私も過去にはその思考に陥っていましたのでそう感じます。

しかし『良くなりたい』その思いはどこに置き去りになるのでしょうか?その葛藤を苦しむ人は多く存在するように感じます。

脳性麻痺のクライアントさんは、驚くほどの活動性の高さとポジティブ思考とを持ち合わせます。

先日は『餃子を焼いて、フライパンからお皿にひっくり返したいんです!』とのオーダーもあり、追記で『え!?できないとか無理とかそんな言葉うけつけませーん!よろしくお願いします。』とありました。難しいをどう可能にするのか?共に試行錯誤しています。

これが輝く羽のスタイルです。すべては、クライアントさんの笑顔のために。

脳性麻痺のリハビリ№11になりました!よし!変化してるぞ!

 

ブログ筆者:西綾(医療の保有資格:作業療法士/准看護師)
医療・福祉の現場に15年以上携わっており
リハビリ・看護・介護と多岐にわたる分野の経験しています。
輝く羽は
鹿児島県鹿児島市の天文館(山形屋近くの泉町)にある整体です。病院で脳梗塞後遺症のリハビリや子供のリハビリを行ってきたプロです。体の悩みの施術はもちろん、あなたの歩きにくいなどの足の問題を改善するために、NWPL社のファンクショナオーソティックスというオーダーメイドのインソール(靴の中敷き)も作成しております。ブログは論文・医学書を参考に話していますが長年医療従事してきた個人の考えも一部含むこともあります。あなたの健康のための一つの要素として参考にしてください。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。