輝く羽のブログ

インソール ~願い~

こんにちは、西綾(輝く羽:脳梗塞リハ・スポーツリハ)です!

15時過ぎ。一つ仕事を終え、コーヒーを入れる。いい匂いと、コーヒの香りに癒される。パソコンに向目をやろうとした瞬間。スマホに着信。

『もし、もし。元気ね?』という男性の声。「西は、変わらず元気ですよ!○○さんは調子はどうですか?」数ヶ月に1度の会話。(定期的に連絡)

出会いは、約6~7年前。春になり過ごしやすい季節。やせ形で、身長の高い男性。その当時60代の後半でした。脳梗塞の後遺症による入院。

そのころ、リハビリのための病院に勤務していた私。リハビリの担当となり、職場復帰を目指していました。その中で、一番ネックとなっていた症状。それは、脳梗塞の症状ではなく、足の裏の胼胝(たこ)です。

足の裏にできた胼胝がなぜネックだったと思います?

それは、胼胝の層が厚くなり芯を作り鶏眼(魚の目)を作っていたからです。

歩くと、『痛いんだよね』と何とか、痛みのない場所を探りながらの歩行。そうです。歩く際に、加重が加わると、痛いのです。しかも、厄介なのはその場所です。一つは、親指の下。そして、小指の下。親指の下と小指の下となると、前足部(足の前の部分)には体重をかけられないのです。

あなたは、前足部に体重をかけずに歩けますか?

(ペンギンの様にチョコチョコ歩きになったり、膝を曲げた歩きになったり…。)

その方は、膝と股関節を曲げ、猫背になって歩くようになりました。

長年の営業職もあり、『もう老いぼれだよ。やっと生きているよ。』といいながら軽快に明るいトークを続けてくれますが。病をいくつか患っていることもあり、『足が鉛の様に重い』そう言われてることも。

歩くと、足の裏が痛い。刺すように痛い。歩くのが億劫だ…。かばうように歩く。だから、徐々に膝は伸びなくなる。

その頃の私は、無知だったのです。

・元々の足の骨の組み合わせの動きの悪さ。

・脳梗塞後遺症により、さらに動きのコントロールが低下している事。

・歩き方を意識しているため、体のパフォーマンスが低下している事。

 

それゆえに、ずっと心の中に悩みを持ち続けていました。

どうして魚の目や胼胝ができるのか…。どうすれば改善できるのか…。楽に歩くには…。

皮膚かに相談んした。本も読んだ。ネットも調べた…。そして、やっと取り扱うインソールにたどり着きました。インソールや足に対する思いのスタートはここにあるのです。

 

だから、今も定期的な連絡時に「足はどうですか?」と尋ねます。

誰かを笑顔にしたい。このスタートした時の悔しい気持ちを、だれかの笑顔に変えたい。その思いを強くさせてくれる電話の声です。

ブログ筆者:西綾(保有している医療資格:作業療法士/准看護師)
実際の現場に15年以上携わっており多岐にわたる分野の経験あり。
PS
輝く羽へのLINEは→https://onl.tw/pbFHCU4
相談は→https://hane.care/reservation/
輝く羽は
鹿児島県鹿児島市の天文館(山形屋近くの泉町)にある整体です。脳梗塞後遺症の方やスポーツのパフォーマンスを上げたい方などの施術はもちろん、あなたの歩きにくいなどの足の問題にお手伝いできるように、NWPL社のファンクショナオーソティックスというオーダーメイドのインソール(靴の中敷き)も作成しております。ブログは論文・医学書を参考に話していますが長年医療従事してきた個人の考えも一部含むこともあります。あなたの健康のための一つの要素として参考にしていただけたらと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事